クラブ立上げの想い

2011年の東日本大震災以降、野球はおろか外で遊ぶ子供達が激減している現実から逃げることなく「野球で福島を元気に!」をモットーに、野球で社会貢献出来ないか? 地域の活性化に繋げられないか? そんな想いで、志をひとつにした数名のメンバーとそれを支えるサポーターで、強いチームではなく愛されるチームを目指し、立ち上げました。

福島県には企業が保有する社会人硬式野球チームはひとつもありません。

社会経験豊富な選手、野球を学問として勉強してきた野球人が地域に根付き、次の世代が育っていく。そんな循環型のしくみが出来れば、福島県の野球もレベルが向上し、更に地域社会を担う社会人が育成され、地域の活性化に繋がると信じております。

エフコムベースボールクラブ部長
西牧 正晴

ページトップへ